クレンジングの正しい使い方

クレンジングには、肌に負担をかけない正しい使い方があります。


まず、手には多くの雑菌がついているので、それを落とすためにきれいに手を洗います。そして、落としにくいアイメイクは、全体と一緒に落とそうとしてもきれいに落とすことができないため、先に軽くメイクを落としておきます。


また、落ちにくい口紅を塗っている場合も、専用のクレンジングで先に落とすことが望ましいです。


次に、手の平にクレンジングを取り、メイクを落としやすくするために、指の腹などを使って少し温めます。

それから、比較的皮脂の多いTゾーンからのせていき、その後頬などのUゾーンへのせて、指の腹を使って優しくメイクとなじませます。最後に、目元や口元などの皮膚が弱い部分にのせてメイクとなじませ、ぬるま湯で優しく洗い流します。

クレンジング情報が揃っています。

この時、熱いお湯や冷水で洗い流すのは避けて、手早く洗い流すことが大切です。



オイルタイプのものを使用した時は、洗い流す前に、手についているクレンジング剤にぬるま湯を数滴混ぜて乳化させてから、顔全体につけて優しくなじませます。


乳化させると、オイルと水がなじみやすくなるため、きれいに洗い流すことができます。



クレンジングでメイクなどの油分の汚れを落とした後は、汗やほこりなどの水性の汚れを落とすために、洗顔料で顔を洗います。洗顔料を使用する際は、手の平でよく泡立ててから、泡で汚れを浮かせるようにして優しく洗うことが望ましいです。


乾燥や肌荒れを防ぐために、すすぎも含めて1分以内に終わらせることが大切です。

top